カードローンとクレジットカード・キャッシング枠の違いをズバリ

カードローンとクレジットカードのキャッシング・・・・一見すると似たようなサービスです。

実際にサービス内容はほぼ一緒です。

いずれもカードを使ってコンビニエンスストアのATMや提携銀行のATMでお金をおろせます(使えます)

またATMを通してお金の返済も可能であります。

そんな便利なカードローンとクレジットカードのキャッシング枠。

その両者の「お金を借りる」というサービス部分のみならば、ほぼ一緒といえます。

ただ、カードローンのサービスとクレジットカードキャッシング枠のサービスはほぼ一緒のサービスでありながら、両者は微妙なサービスの違いがあります。

この微妙なサービスの違いは以下で解説します。

スポンサードリンク



金利はどちらが高い?

カードローンとクレジットカードキャッシング枠は金利は利息制限法に則っております。

従って金利はどんなに高くても年利20%を超えることはありません。

実際にカードローンもクレジットカードキャッシング枠も各会社のサービスを見てみますと上限金利は15%~18%の金利設定が多いです。

下限金利はカードローンの方が少し安いです。

最近では年2%とか年5%という激安の金利を提示している大手カードローンや銀行系カードローンも少なくありません。

ただ、カードローンでこれらの激安な下限金利でお金を借りれる人は滅多におりません。

よほど属性の高い人(年収が高い人で数百万円の限度額を借りれる人)に限ります。

大抵の人はカードローンで借りれる金利は15%~18%が多いです。

一部の低金利の銀行系カードローンで10%~14%くらいでしょう。

一方でクレジットカードのキャッシング枠はカードローンほどの安い下限金利はあまり見当たりません。

大抵は15%~18%の年利が多いです。

以上・・・カードローンもクレジットカードキャッシングもどちらも金利の高低はそれほど変わりません。

限度額はどちらが多い?

カードローンとクレジットカードキャッシング枠の借りれる限度額はどちらが多いのか?

これは圧倒的にカードローンの方が限度額は有利(多く借りれます)です。

カードローンの限度額は初回は多くて50万円、属性の高い人(年収など高い人)だと100万円以上の限度額を設定できる人もおります。

しかしクレジットカードのキャッシング枠の場合は初回は10万円~30万円というケースが多いです。

もともとクレジットカードキャッシング枠はショッピング枠のサービスがメインでありキャッシング枠は付属でありオプションであるので、それほど多くの限度額が得られません。

あと、カードローンもクレジットカードキャッシング枠もその後の利用実績で限度額を増額することは可能です。

初回の限度額が少ないクレジットカードキャッシング枠でも利用実績が良い人(利用してキチンと返済をしている実績)なら50万円以上のキャッシング限度額を得られることもあります。

私も現在ニコスカードのクレジットカードを持っていますがキャッシング枠が利用実績に応じてどんどん増えていき現在は150万円まで使えるようになりました。

しかし、カードローンでもクレジットカードのキャッシング枠でも総量規制の法律に従った限度額になります。

法律では「借り手は年収の3分の1を超える融資は受けられない」とされております。

だから、カードローンでもクレジットカードキャッシング枠でも借りれる金額は年収の3分の1以内が目安となります。

しかし最近では総量規制対象外のカードローンというものが増えてきました。

主に銀行系のカードローンに総量規制対象外のローンがあるのですが、これは年収の3分の1を超える融資が可能です。

実際に銀行系のカードローンで年収の3分の1を超える融資を受けている人は沢山います。

年収の3分の1を超える限度額でお金を借りたい人は銀行系のカードローンを選ぶのも良いでしょう。

しかし最近では銀行カードローンの過剰貸し付けが問題化されております。

金融庁などの規制も入り始めており、将来的には銀行系カードローンも総量規制の対象になる可能性もあるでしょう。

以上、限度額に関してはクレジットカードキャッシング枠よりもカードローンの方が多く借りれる事が多くお得です。

どちらが借りやすい?審査基準は?

カードローンとクレジットカードのキャッシング枠・・・一体どちらが借りやすく審査も甘いのか?

こればかりは、各カードローン会社、各クレジットカード会社によって審査基準が異なるので何とも言えません。

しかし業界全体を見るとカードローンの方が審査が甘いように見受けられます。

クレジットカードの場合はショッピング枠そのものはそれほど審査が難しくなく、簡単にカードが取得できますが、キャッシング枠を付けて申し込むと途端に審査が難しくなります。

しかしカードローンの場合はとりあえず働いていて毎月安定収入があれば大抵の方は審査に通ります(アルバイトやパート、派遣でもOK)

だから審査基準の柔軟さとお金の借りやすさではカードローンの方が有利でお得です。

審査の通りやすいカードローンの一覧

※以下のカードローンは比較的審査基準がゆるく借りやすいといえます。

借りやすさで選ぶなら如何お勧めです

IT系銀行系のカードローン

・穴場の金融です。審査は激甘レベル

・免許証のコピーのみでも借りれます

・他社の借金があってもOK

・ブラックでも借りれた

・即日の融資も可能

審査が甘いから多くの人が借りれております!

30日無利息サービスのカードローン

・30日の無利息サービスが嬉しい

・ブラックリスト1年~3年以内でも借りれた

・他社の借金が5件~7件でもOK

・即日カード発行

・50万円以内は免許証のコピーだけでOK

30日無利息で今すぐ借りれる!

スピード融資の消費者金融系のカードローン

・審査の通りやすい消費者金融系です

・最短30分で借りれる

・他社借金が4件~8件までOK

・アルバイト、パート、派遣社員、短期バイトでも借りれる

・自営業者でもOK

最短30分で借りれるスピード融資!で今すぐ申し込み可能

審査の通りやすいクレジットカードキャッシング枠の一覧

※クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りたい人は以下のクレジットカードにキャッシング枠を付けて申し込みましょう。

かなり審査は通りやすいかと思います。

楽天カード

・審査の甘いクレジットカード

・キャッシング枠も審査が甘いです

・他社の借金件数が4件~7件までOK

・アルバイト、パート、専業主婦、自営業者、登録バイトでもOK

・ブラックOK

ブラックでもクレジットカード発行!楽天カード

イオンカード

・審査の甘い流通系のクレジットカード

・他社の借金が100万円~200万円でもOK

・アルバイト、派遣社員、パートタイマーOK

・破産歴5年以内でもカード発行

・水商売でも審査に通った

イオンカードは簡単に審査が通る!

エポスカード

・審査の甘い丸井系クレジットカード

・年会費無料、ショッピング系の取得しやすいクレジットカード

・ブラックリストでも審査通過の実績あり

・他社ローンが4件~8件あってもOK

・最短で即日のカード受け取りも可能

エポスカードは今すぐ審査結果が分かります