カードローンってどんなローンか?

カードローンとは、=カードという手段を使ってお金を借りれるローンを言います。

あるカードローン情報サイトでは、「カードローンとは、個人向けの無担保融資のことです」と書いてありましたがこれは正確ではありません。

確かにカードローンは個人向けの無担保融資のローンサービスもありますが、実は法人向けの無担保融資ローンもあります(法人カードローン)。

そしてカードローンといっても色々あるのです。

世間一般によく出回っている大手消費者金融のカードローンもあれば、大手都市銀行が発行しているカードローンもあります。

更に、地方銀行や地方信用金庫などもカードローンのサービスを行っている事がほとんどです。

またJAとかゆうちょ銀行、損保などもカードローンサービスを提供しております。

あとクレジットカードのキャッシング枠も広い意味でのカードローンといえます。

以上のようにカードローンは幅広い金融機関がサービスを提供しているのです。

カードローンは基本的に無担保であり連帯保証人が不要のフリーローンです。

「本人の信用力」が全てといって過言ではありません。

従って本人の信用力が足りないとカードローンでお金を借りることが出来ません。(審査に通らない)

スポンサードリンク



カードローンの特徴は?

カードローンの特徴は概して「高金利のローン」であり「小口融資のローン」であります。

簡単に言えばサラ金です。

最近ではカードローン会社もカッコつけて「キャッシング」とか「パーソナルローン」とか呼んでいた李しますが原型は高利貸しのサラ金です。

大手のサラ金会社(消費者金融会社)は勿論、大手の信販会社、銀行などがイメージアップの為に「カードローン」という洒落な名前を付けているに過ぎません。

しかし私に言わせれば「カードを利用したサラ金」がカードローンです。

原型がサラ金なのですから、カードローンの金利は当然高く通常は15%~18%位です。

カードローンは高利貸しであることを忘れない事!

最近では大手の消費者金融会社や銀行などが1%とか4%とか7%の金利を提示しており一見すると低金利にも見えます。

しかし、この数字のマジックに騙されてはいけません。

例をあげてみましょう!

これは某大手消費者金融会社のカードローンのキャッチコピーです。

金利が4.5%~17.8%となっております。

下限金利の4.5%は確かに安い金利です。

しかし我々がこの大手消費者金融系カードローンで初回決まる金利はほとんどが上限金利の(右側の)17.8%です。

17.8%の金利・・・・高いですよね~~!

でもこれが現実の金利です。

ここの消費者金融会社のカードローンはまだマシな方です。

他社では上限金利が18%とか20%からスタートというケースもあります。

つまり利息制限法ギリギリの高金利から借りることが殆どです。

カードローンは基本、小口融資であること

次にカードローンの限度額についてでs!

この限度額に関しても小口融資が基本です。

初回50万円借りれれば御の字といえます。

100万円以上カードローンで借りれる人はあまりいません(よほどの高収入の人)

大手消費者金融系カードローンでも大手信販系でも銀行系カードローンでもだいたいが50万円借りれればラッキーな方です。

中には初回30万円しか借りれない人もいるし、20万円が精いっぱいと言う人もいます。

更に10万円しか借りれなかった・・・・というひともいるし、5万円しか借りれなかったという人もたくさんいます。

そうカードローンは小口融資が基本なのです。

「いやいや!!そんなことはない!!最近のカードローンは限度額がウン百万円借りれるよ!」と反論する人もいます。

これは本当でしょうか??

ウソですので過信してはいけません(笑)

以下の宣伝キャッチコピーは某銀行系カードローンの広告です
↓↓↓

これを見ると『限度額800万円』と書かれております。

いかにも誰もが800万円借りれそうなイメージの誇大広告ですね!!

でも、そんなことは絶対ありえません。

初回から800万円も借りれる人なんてまずいないでしょう。

まぁ借りれてせいぜい50万円がやっとこさです。

ちなみに、ここの広告の銀行系カードローンは口コミを見ると「10万円しか借りれなかった・・・」という声がゴロゴロ出てきます(笑)

『800万円借りれると思って申し込んだら10万円しか借りれなかった・・・』というオチになります(笑)

カードローンは住宅ローンや不動産担保ローンなどとは違い無担保、無保証人のフリーローンですs。

担保、保証人無しで初回からウン百万円借りれる人はほとんどいません。

基本小口融資がほとんどです。

だから「カードローンは高金利ローンであり、小口ローンである」という認識は事前にしっかり持った上で申し込みをしましょう。

カードローンの審査って甘いの?

カードローンの審査は間違いなく甘いです。

もともとサラ金ですから審査が厳しいなんてことはありません。

少なくとも住宅ローンや教育ローン、マイカーローンよりも手続きが簡便で審査基準も甘いです。

これは大手の消費者金融系カードローンでも、信販系カードローンでも、銀行系カードローンでも街金系カードローンでもどこも一緒です。

基本、フリーローンはどこも審査が甘いでしょう。

なぜ、そんな事を言いきれるのかと言いますと・・・私自身が実際に利用してきた(今も利用している)からです。

ほとんど無職に近い自営業者の私が大手でも銀行系でもカードローンで何件も簡単に借りれているので審査が厳しいということはありません。

実際にインターネットの口コミを見回してみても、「この人ヤバいだろ?」と思わず言ってしまいそうなブラッキーな人や多重債務なダメ人間でもカードローンで借りれている事例を多く見かけます。

ただ、カードローン会社は「審査が甘い」とか「簡単に借りれる」とかの文言で宣伝が出来ない事情があります。

金融庁の監視があるからです。

過去に借金問題、多重債務問題、過払い金請求問題、自己破産や債務整理の問題など借金に関する社会問題がザクザクと出ましたよね?

あなたも記憶にあるかと思います。

その社会問題もあったので過度な借入を助長する宣伝が出来ない事情があるんです。

だから大手や銀行のカードローンなどは特に「審査が甘い」とか言いたくても言えないわけですね(笑)

健康や美容問題でも同じですよね?!

薬事法や薬基法という法律があるので、サプリメントや健康食品などは「これで痩せれる」とか「これで病気が治る」なんていう安易な文言で宣伝できません。

カードローンの世界でも同じです。

つまり安易な広告で顧客を惑わせてはいけないという上からのお達しがあるから「審査が甘い」とか言えない訳です。

ただ私が今まで大・中・小・・・と色々な規模のカードローン会社を利用してきた限りでは審査が厳しいということは無かったです。

たまに審査に落とされる事もあったけど大抵は小口でお金を貸してくれたという例がほとんどです。

だからカードローンでお金が借りれない人間はよほどのダメ人間か社会不適合者か、無職者としか言いようがないのです。

アルバイトやパートでも簡単に借りれますって!普通は(笑)

現に、大手の消費者金融系のカードローンや銀行系のカードローンでも公式ホームページに「アルバイト、パート可」と表記されていたりします。

だから審査がそんなに難しいということはありません。