カードローンの金利は何パーセントなの?

これからカードローンでお金を借りたい人にとって気になるのが金利ですよね??

誰もが安い金利でお金を借りたいのが本音です。

だから巷でよく出回っているカードローン比較サイトでも金利の安さをアピールしたカードローン会社がランキングの上位に位置しているのです。

まるで低金利で借りれれば低金利で借りれるほど有利みたいな風潮です。

では実際にカードローンの金利は何パーセントくらいで借りれるのか??

これは利息制限法という法律で決まっていて、どんなに高い金利でも20%を超えることはありません。

まず、その点をしっかり覚えておきましょう!

多くのカードローン会社は、それぞれ会社によって金利が異なりますが、だいたい10%~18%位の金利です。

決して安くはない金利です。

人によっては『サラ金並みの金利だ!』と言う人もいるでしょう。

それもそのはず!カードローンはサラ金の一種ですから(笑)

もともとサラ金がカードローンという呼び名に変えているにすぎませんので基本的にはサラ金もカードローンも一緒です。

だから金利も高いのです。

スポンサードリンク



安い金利のカードローン会社もあります

最近ではカードローン会社も低金利のサービスを打ち出している所が増えました。

下限金利が5%とか4%なんてザラです。

安い銀行系のカードローンでは3%とか2%、凄いところでは1%台を切る低金利の銀行カードローンもあります!

例を挙げると・・・以下は某銀行系のカードローンの金利です。

下限金利が0.99%~と非常に安いです。

上限金利が7.99%になっています。

下限金利の0.99%って凄いですよね!

こんな低金利で借りれたらどんなにお得でしょう!!

しかし、この数字は鵜呑みに出来ない点があります。

つまり、誰もがこんなに超低金利で借りれるとは限らないからです。

おそらくカードローン利用者のほとんどの人が下限金利の0.99%で借りれないでしょう。

殆どの人が上限金利の7.99%から借入スタートとなります。

これは他社のカードローン会社でも同じことがいえます。

どこのカードローン会社でも初回は上限金利から借入スタートです。

大抵のカードローンは18%位の上限金利です。

安いところで10%位です。

だから5%以下の超低金利で借りれると期待してはいけません。

まずそんな超低金利で借りれることはありません!

先ほども書きましたがカードローンはサラ金の一種です。

銀行系のカードローンとてサラ金業務なのです。

だから通常は10%以上の金利でお金を借りることになります。

安い金利で借りれると過度な期待をせずに、審査の柔軟さを期待して申し込む事です。